カナダは医療と教育が充実した国として知られ、日本の国民皆保険制度に当たるメディケアも布かれています。歯科医療や救急サービスを除き、無料で医療サービスが受けられるのです。カナダではイギリスに倣って家庭医制度が採られていますが、医師の数が不足しており、すぐに手術を受けたり、専門医に診てもらったりすることが出来ません。このような現況を打破すべく、最近はプライマリケアの充実が図られています。プライマリケアとは薬剤師が患者の相談に乗って、一次的なアドバイスを与える制度を指します。プライマリケアが普及していることもあって、国民の薬剤師に対する信頼は大きく、彼らは医師よりも身近な存在となっています。
カナダで薬剤師を目指すには、大学の薬学部に入学し、卒業しなければなりません。しかし薬学部を設置している大学の数が少ないため、受験の競争率が高いことで知られています。筆記試験はもちろんのこと、志望理由やボランティア経験を長々と綴った小論文を提出しなければならず、受験生の意気込みが問われます。薬学部はプログラムが豊富に設けられており、下級生であっても現場で学ぶことが出来ます。患者とのやり取りは優れた教材の代わりとして、高く評価されています。最終プログラムでは担当する患者のモニタリングまで実施されるため、卒業時点で即応できるスキルが養われています。
新卒の就職先は、薬局や病院がほとんどですが、中には弁護士等を兼ねる人もいます。

新着

管理人

管理人

日本で薬剤師として働いてきて感じている事をもとに、もっと充実した働き方はないだろうかと考えたことから世界に目を向けてみました。実際に世界へ羽ばたくためというより、よりよい「薬剤師」の姿を考えていけたらと思います。
admin@ervtransmissionproject.com
管理人:Takeru

免責事項

当WEBサイトの情報にもとづいて閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生した場合、サイト運営元は責任を負うことはありません。また当WEBサイトの情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますのでご注意ください。