「インスリン アスパルト」と「インスリン デグルテク」はどちらもインスリン注射薬です。「インスリン アスパルト」は超速攻型のインスリンで、食後に起こる血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。「インスリン デグルテク」は持効型のインズリンで、不足したインスリンの基礎分泌を補う効果があります。インスリンを用いた治療では一般的に、このような作用時間の異なる薬を使って、生理的なインスリン分泌を再現します。また最近では、「インスリン アスパルト」と「インスリン デグルテク」を最初から混合してある薬も開発されています。
「インスリン アスパルト」は「超速攻型」のインスリン製剤で、通常10~20分で効果が出ます。食事を摂ると、血糖値が上昇しますが、糖尿病の人で「インスリン」分泌機能が低下しているため、健常者に比べて急激に血糖値が上昇します。こうした「食後の異常な高血糖」は、心筋梗塞など様々な疾患のリスクとなるため、治療が必要です。「インスリン アスパルト」を食前に注射することで、このような「食後の異常な高血圧」を防ぐことが可能です。

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


管理人

管理人

日本で薬剤師として働いてきて感じている事をもとに、もっと充実した働き方はないだろうかと考えたことから世界に目を向けてみました。実際に世界へ羽ばたくためというより、よりよい「薬剤師」の姿を考えていけたらと思います。
admin@ervtransmissionproject.com
管理人:Takeru

免責事項

当WEBサイトの情報にもとづいて閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生した場合、サイト運営元は責任を負うことはありません。また当WEBサイトの情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますのでご注意ください。