予防接種

予防接種

admin No Comments

 インフルエンザが流行る季節が迫ると、日本では予防接種が推奨されます。費用もそれほど掛からないため、医療機関の他、全国の会社や学校で気軽に受けることが出来ます。もちろん予防接種を受けるかどうかは個々人が決めることですが、周りの同僚や友人が皆受けている状況下では、断ることも難しいのが実情です。ですが予防接種も薬を体内に入れるわけですから、相応のデメリットを覚悟しなければなりません。しかも、そのデメリットを上回るメリットが見出せないという声も上がっています。どういうことでしょうか。

 1987年に群馬県の医師会が報告した調査結果によれば、「5年間に渡って調べても、予防接種の効果は認められない」というのです。この報告の与えたインパクトは大きく、7年後には集団接種が廃止されました。しかしその後も細々と至る所で続けられ、現在は再び息を吹き返しつつあります。効くかどうかよく分かっていない薬を平気で体内に入れているのですから、日本人の能天気さには呆れるばかりです。

 予防接種については少なくとも、「予防接種を受けても罹患し得る」という事実は知った上で判断する必要があります。また、「重篤な症状を防ぐことが出来る」という神話も信じてはなりません。厚生労働省のHPでは、「重篤化防止に効果があると『されている』」とありますが、この文言が曲解されて流布しているものと思われます。因みに予防接種に使われるワクチンの種類は、流行する前に選択されるわけですから、一種のギャンブル性を伴っているでしょう。予測精度は決して高くなく、ワクチンの対象であるタイプとは全く異なるウイルスが流行することも珍しくありません。

薬剤師として予防接種の知識も必要になるかもしれませんので、薬剤師求人を探している方は予防接種についても学んでみてもよいかもしれません。

下痢止めの所持が齎す効果

admin No Comments

 副作用の強い薬を持ち歩いている若い人が、気軽に服薬してしまうのは嘆かわしいという他ありませんが、滅多に呑まないのであれば、持ち歩くことの意義は十分考えられます。薬にはいわゆるプラシーボ効果がありますから、肌身離さず持ち歩くことで安心感が得られるのではないでしょうか。例えば過敏性腸症候群を持病として抱えている人は、下痢止めをポケットや鞄に入れているだけで、相当安心できるはずです。もし薬が無ければ不安で、公共交通機関に乗ることも難しいでしょう。重い症状に苦しむ患者は各駅停車にしか乗れないとも言われているくらいですから、プラシーボ効果を発揮する分には、薬も大いに役立っているのです。

 繰り返しになりますが、薬は副作用の心配があるため、出来る限り呑まないようにするのが先決です。プラシーボ効果を期待して所持するのは構いませんが、本当にそれを呑んでしまうと、身体に大きな負担を掛けることになります。下痢止めも例外ではなく、少なくとも屋内にいるのであれば、トイレに駆け込むことを選択するようにしましょう。例えばノロウイルスに感染したとします。激しい下痢に襲われますが、下痢止めを呑んではいけません。この薬は腸の働きを弱めてしまうため、ノロウイルスを排出しようとする免疫システムを阻害することになります。回復が遅れるばかりか、様々な弊害が生じる可能性もあります。

 過敏性腸症候群に苦しむ人は、通勤中に下痢止めを服用することは致し方無いとしても、身体のシグナルを頼りにして、自分の症状の淵源、すなわちストレスの原因を探究することが大切です。ストレスを取り除くことが出来れば、下痢自体が起こらなくなり、薬の服用をやめられる可能性があるからです。勤め先で起こっていることが原因だとしたら、勇気を出して転職することも考えましょう。

服薬による免疫力の低下

admin No Comments

服薬による副作用の怖さを知った人は、タイミングを見計らって薬を呑むのを止めることでしょう。しかし服薬を停止した途端に症状が悪化して、不安に苛まれることは想像に難くありません。薬では病因を取り除けないのですから、抑えていた症状が出現するのは当然のことであり、心配する必要はありません。また、症状の悪化は、服薬中に免疫システムの鈍化が生じていたことを物語っており、今後徐々に免疫力を高められれば、自然と症状が治まっていくことが分かります。
 ところで服薬で免疫システムが鈍化するのは何故でしょうか。免疫システムは免疫反応で身体を壊してしまわないように、時には免疫反応を抑制することもあります。しかし服薬中はその抑制機能を薬が担うため、免疫システムによる抑制機能は怠けてしまいます。ですから急に服薬を停止するとホメオスタシスによって、再びこの抑制機能が働かなければならないのですが、しばらくは追いつくことができず、免疫反応の暴走を許してしまうというわけです。
 例えば、炎症が酷ければ医師はステロイド薬を処方します。ステロイド薬はステロイド(副腎のホルモン)の機能を代行する薬であり、炎症という免疫反応を抑制します。この薬を使用している間は副腎のホルモン量が低下しますから、薬の服用を止めてもすぐにはホルモン量が復活せず、結果的に炎症が治まらなくなってしまうのです。服薬停止後のしばらくは我慢する他ありません。その我慢を続けた先に、免疫システムの完全復調が待っているのです。

降圧剤と副作用

admin No Comments

薬の中でも販売量、販売数が抜けている降圧剤は、その副作用の危険性があまり認知されていません。実はその副作用の中に、「脳梗塞に罹り易くなる」という驚くべきものが存在します。脳梗塞は脳の血管が詰まることで生じますが、その血栓は血圧で破壊されることも少なくありません。しかし降圧剤を投与すると血圧が下がるため、血栓が残り続けてしまうというわけです。また、「認知症に罹り易くなる」という副作用もあります。降圧剤を長期間服用すると、脳に酸素や栄養を十分に送り届けられなくなり、結果的に認知症に罹患してしまうのです。
 降圧剤と並び、中高年の患者が日常的に服用する薬として有名なのが、インスリンです。インスリンは糖尿病の薬として知られています。インスリンは健常者であれば体内で分泌されるものですが、糖尿病患者はそれが叶わないため、注射で補給します。インスリンの役割は血液中のブドウ糖を臓器に送り届けることです。ブドウ糖はエネルギー源となる物質であり、脳を含めた臓器にとって欠かせません。しかし糖尿病患者は食事を取ると、インスリンが分泌されないことからブドウ糖が血液中に貯まり続けてしまい、血管が壊れ、臓器が不全に陥ります。この結果、様々な合併症が惹き起こされてしまうのです。ですから糖尿病患者はインスリンを注射する他ないのですが、症状の軽い患者であれば、食事制限で済ませられることもあります。血糖値を測定しながら、適切な食事を心掛けることで、健康状態が維持される人もいます。しかしそれが失敗に終わると、服薬して血糖値を下げたり、インスリンを注射したりすることになります。

降圧剤の販売

admin No Comments

一般に、高血圧症は140より高い血圧を指しますが、個々人の体質の差を無視していることは明らかです。つまりこの定義を一律に適用したところで、あまり意味がありません。例えば身長の高い人、恰幅の良い人は、血圧が高いのが自然だと考えられます。大きな身体の隅々に血液を届けなければならないからです。それにもかかわらず、医学会も製薬会社も、高身長の人を含めた全ての患者に対してこの定義を適用しています。彼らがそこまでして140に拘るのは何故でしょうか。
 実は降圧剤という薬は、製薬業界、医療業界に莫大な利潤を齎しています。降圧剤の市場規模は1兆円と言われていますから、その規模を縮小しようとするわけがありません。潜在的な高血圧症患者も含めると、日本では4000万人がこの降圧剤投与の対象になり得るとされています。そして3000万人が実際に投与されていますから、その販売数、販売量は、他の薬と比較しても桁違いなのです。50歳以上の40%が投与されていると言えば分かり易いでしょうか。とにかく患者数がずば抜けて多いのが特徴です。
 これだけの人が投与されている降圧剤も、薬であることに変わりはありません。つまりどれだけ投与されても、高血圧の因子を取り除くことはできないのです。中高年の多くが残りの人生を降圧剤と共に過ごすのだと考えると、医療関係者、製薬関係者がほくそ笑んでいるのが想像できます。高血圧の定義の例を見ても分かるように、医学界のガイドラインが薬の需要を決定しているのが実態です。極論すれば、ガイドラインの策定者が恣意的に病気を生み出していると言えます。

降圧剤の服用停止は可能か

admin No Comments

高血圧の患者が呑む薬は降圧剤と呼ばれ、血圧を下げる働きがあります。「高血圧」の定義は日本高血圧学会のガイドラインで明示されており、収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上の場合を指します。血液は血管が収縮することで流れ、拡張することで心臓に戻されます。ですから収縮時に血管内の圧力が高まるという仕組みになっています。圧力が高まり過ぎると血管に損傷が生じるため、その損傷箇所に脂肪分や夾雑物が付いてしまいます。これが血栓の原因となり、脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなるのです。
 では高血圧に該当する人は皆降圧剤を呑まなければならないのでしょうか。実は高血圧の人が脳梗塞や心筋梗塞に罹る可能性はそれほど高くありません。医師としては「脳梗塞になるかもしれない」などと言って降圧剤を処方する他ありませんが、統計学上は降圧剤の服用が大きな意味を持っているとは言えません。例えばガン循環器病予防センターの報告を見ると、脳卒中に罹った患者に占める健常者の比率と高血圧者のそれとを比較すると、大差ないことが分かります。製薬会社はこうした比率を公表すれば降圧剤が売れなくなってしまうため、実数で示して恐怖を煽ります。

新着

管理人

管理人

日本で薬剤師として働いてきて感じている事をもとに、もっと充実した働き方はないだろうかと考えたことから世界に目を向けてみました。実際に世界へ羽ばたくためというより、よりよい「薬剤師」の姿を考えていけたらと思います。
admin@ervtransmissionproject.com
管理人:Takeru

免責事項

当WEBサイトの情報にもとづいて閲覧者がとった行為の結果、閲覧者や第三者に損害が発生した場合、サイト運営元は責任を負うことはありません。また当WEBサイトの情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますのでご注意ください。